ニュースレター登録
お問い合わせ
採用・雇用

日本人を相手に“営業”が出来る外国人社員を育てる7つのコツ

社外の日本人のお客さんから凄く信頼される外国人の社員がいたら、本当に頼もしい事だと思います。逆にマネージャークラスに抜擢するには最低条件になるかもしれません。今回は特に他と差別化出来るような営業マンを育てるコツを紹介します。


(1)“外国人であるメリット”を最大限利用する
変な話ですが、「綺麗なお辞儀」「丁寧な名刺の渡し方」など、日本人では評価が上がらないポイントでも、外国人がすれば評価が急激に上がるポイントが、幾つかあります。これは徹底的に利用しましょう。
そして、外国人だから「自分の母国ではこうだ」とか「自分の国ではこう考える」といった話が出来るのが長所ですが、こういった話をする前に、“私は日本文化を理解しています”という印象を与えるのも大事です。この印象が無いと、ただの勘違いした人、この印象があると、とても優秀な外国籍の人になります。


(2)客先に1人で訪問させ、“失敗と成功を経験”してもらう
幾ら日本人が同行してあげても、ある程度以上は伸びなくなります。なぜなら、“日本人だから成功する方法”と“外国人だから成功する方法”は全く違うからです。
基本的なビジネスや営業のルールを教えるまではいいのですが、その後は、自分自身で正解と不正解を見つけていく事が重要です。日本人であれば“スタンダードなやり方”で上手く行く事も多いですが、外国人の場合は、そもそも日本語能力や日本文化への理解は当然日本人には及びません。何か違う部分でそれをカバーしていくわけですが、それは自身の最も得意な能力である事が多く、結局のところ千差万別です。
なので、早く自分のやり方を見つけた方が実は日本人以上に近道なのです。


(3)メールは完璧に、会話は完璧さではなく“わかり易さ”
当然、日本語が完璧ではないので、メールや会話の内容を直してあげる機会も多いはずです。社外に出すメールは完璧さを求めて構いません。メールでの文章はある程度定型文が多いので、回数を重ねてしまえば、すぐに一定水準に達します。ただ、会話の指導をする時は、「てにをは」や「接続詞」や「敬語」など、細かい話は一切不要です。不完全な日本語でも相手に伝わりやすくするには、“語順”と“前置き”と“強調するポイント”これだけです。

簡単に例を挙げると、“これから○○の話をします。”“結論は△△です。”“理由は幾つかあって。”“繰り返しになりますが、私がどうしても言いたいのは□□です。”と言った形。ネイティブではない日本語を聞いていると、何の話をしているのか、わからなくなる時があります。(日本人が英語を聞くのと同じですね)ですから、必ず細かく、「今何の話をしているか=(前置き)」「結論から先に=(語順)」「自分が伝えたいこと=(強調)」のセットで話をして貰う事です。要は、話している相手の頭の中にどういった事を記憶させるのか、が重要です。油断していると、聞いている相手が“日本語はわかったけど、結局何が言いたいか分からなかった”という風になりがちなのです。

 

(4)言葉は意味じゃなくて“相手への伝わり方”を教える
例えば、素直な外国籍の方の場合、「些細なことでも“すいません”というのが日本人だよ」、「(出来るかわからない事を)絶対出来ると日本では言ってはダメ」なんて事を言うといつでもこの原則を守ってくれます。しかし、そうすると、いつでも“日本人には謝っている外国人”にもなりがちです。正しくは、挨拶で使う「すいません」と謝罪の意を伝える「申し訳ありません」の使いどころを教えることです。実は日本人も安易に「申し訳ありません」とは言いません。でも、「すいません」は挨拶がわりでも使います。普段は日本人自身が意識していないことかもしれませんが、この辺りの言葉の“伝わり方”を正確に教える事が重要です。


(5)営業トークは“ストーリー”で勝負
日本では、ストーリを語る際に、「起・承・転・結」を用いて話します。細かい商品の説明云々よりも彼ら自身が熱を入れて話せるようなストーリーを沢山話して貰った方が、特徴をより活かせます。
複雑な説明をしなくてはいけない場面などでも、まずはストーリーで話して貰った方が、聞く方としてもたどたどしい日本語で難しい話をされるより、よっぽど頭に入ってきます。

 

(6)人柄は素直さで勝負
外国人でも好かれる営業マンの共通点は、「割とものをはっきり言う事」かと思います。但し書きで、“悪いことも、自分が苦手なことも”ですが基本的に、日本人は初対面の外国人を恐らく同じ国籍の人間以上に信頼しない傾向があります。特に少ない時間の中でこの信頼感を得やすいのは、「良くも悪くもストレートにものを言う」という印象を持たれる方が、総合的にはプラスになります。はっきり言い過ぎるのがマイナスに働く場面もあるかもしれませんが、必要以上に押さえつけない方が、結果には結びつきやすいかもしれません。


(7)数字と統計を覚えさせる
「統計」という言い方が適切では無いかもしれませんが、国籍によってはは統計を信じない外国人もいます。彼らは日本人と比較すると、「全体的にどういった傾向か」をパーセンテージで表す事に関心がありません。逆に日本人の場合は、全体の内訳や傾向など数字で表現するのが好きな所があります。意識的にこの「統計的な考え方」を納得させておかないと自力では覚えないのに要注意です。ただ、特に出身国関連の事を数字で語れると急に信頼感が増すので、営業マンとして一つ階段を上がる際には重要なテクニックです。

 


株式会社ジープラスメディアでは、外国人履歴書登録者数43万人、8,000社以上の日本企業に外国人採用のサポート実績を誇ります。外国人・マルチリンガルな人材をお探しの場合は求人サービスへ。

---
株式会社ジープラスメディアでは、イベント情報やトレンドニュースなどメールにて随時配信中
採用・雇用

より良い人材を採用するために知っておきたい5つのポイント

人事のプロフェッショナルともなれば経験上、良い人材の選りすぐり策は体得されていると思います。同時に、時代とともに応募者のタイプや傾向が変わってきて採用側としても認識を改めないと、と感じるかたもおられるのではないでしょうか…
2018年2月16日

イベント・セミナー

インバウンド支援「無料相談会」のお知らせ@地方創生 EXPO<2月21日〜23日>

株式会社ジープラスメディアは、2018年2月21日(水)〜2月23日(金)に幕張メッセにて開催される『第1回 地方創生EXPO』に出展いたします。 イベント期間中にインバウンド支援のための「無料相談会」を実施! 自治体や…
2018年2月06日

採用・雇用

外国人の部下とのコミュニケーション

たくさんの外国人が日本を訪れるようになるにつれて、国内で働く外国人も年々増える傾向にあります。厚生労働省 が2017年1月に発表したところによると、その数は108万人(2016年10月時点)。自分の部下として外国人が配属…
2018年2月02日

ニュースレター

➕🌏GPlusMedia通信 Vol.6

インバウンド(訪日・在日外国人)集客にご興味のある方や、弊社英字メディアにご関心のある方にオススメのコンテンツやイベント情報を配信しています。   ➕🌏 GPlusMedia通信 Vol.6アーカイブを読む &…
2018年2月01日

ニュースレター

➕💼GPlusMedia人事ルーム通信 Vol.6

人事採用担当者さま向けに、外国人・バイリンガル人材の採用に関するオススメのコンテンツやイベント情報を配信しています。   ➕💼GPlusMedia人事ルーム通信 Vol.6アーカイブを読む   ---…
2018年2月01日

インバウンド

外国人旅行者は何しに日本へ?訪日旅行でしたことは…

日本へ訪れる外国人は何に興味をもち、何を楽しむのでしょうか。 日本観光協会(JNTO)の「訪日旅行データ2016」によると、2015年にアメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアから観光目的で来日した人々の6割が日本滞在…
2018年1月25日