ニュースレター登録
お問い合わせ
採用・雇用

オリンピック選手からみるアメリカ人のビジネススタイル

2018年2月25日ピョンチャン冬季オリンピックが閉幕しました。冬季オリンピックで過去最多のメダル獲得、勇敢な選手の姿に感動感涙されたかたも大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

特に今回は「チームワークの日本」と、仲間との連携の素晴らしさが大々的に評価されました。これはビジネスにおいてもいわれることで、日本の優れた一面を表していると思います。必ずしも海外勢がチームワーク力に欠けているとは言いません。彼らのチームワークも素晴らしいと思います。ただ、ひと口にチームワークといっても様々なタイプがあるのです。

日本のチームワークは意思共有型。共通認識のもと、先へと進んでいきます。一方、海外勢のチームワークは役割遂行型。それぞれの強みを生かして、まとまっていきます。どちらが良いという訳ではなく、どちらも魅力的であることに間違いありません。

また、その両方を知っている人ならばどんな状況にも適応できるしなやかさと強さがあるのではないでしょうか。オリンピック選手に選ばれる人が強豪国に「武者修行」に行くと表現されるのも、技術レベルだけでなく文化や考え方の違いにより精神的にも強くなるからなのでしょう。

 

スノーボードハーフパイプの金メダリスト、ショーン・ホワイト氏のインタビューで、こんな回答がありました。

「大きければ大きい大会ほど緊張しない。プレッシャーを力に変える。プレッシャーを楽しもうと思う。」

これは努力に裏打ちされた心の強い人だからこその言葉と思うと同時に、私はこの言葉に個を尊重する文化的背景を感じました。大きな大会ほど本気になれて緊張することもない、というのは生真面目な日本ではなかなか公に言えない言葉に思います。小さな大会では本気にならないのかと誤解を招いてしまいそうだからです。

他の人とは違う個性に価値があるアメリカのような国からの外国人はビジネスにおいても競争の激しい職業では「その人だからできる」といった主張ある仕事をするのではないでしょうか。「他の人にもできるような仕事の仕方はしない」といった方がいいかもしれません。言い換えれば、「その人にしかできない」仕事で信頼を獲得し、競争に勝っているのでしょう。そこで優先されるのは協調より挑戦なのです

 

アメリカでは、組織力の中身は各々の役割と範囲が決まっています。任された仕事に対してベストを尽くす、という考え方の人が少なくないようです。アメリカのビジネスで、チームはミックスナッツに例えられるといいます。ミックスナッツは数種類のナッツが1つの袋に入っていますが、それぞれの見た目や味は異なるからです。任された範囲で最大限のパフォーマンスをする、というビジネススタイルです。

任された仕事以上は上司の範囲、上司はそれだけの給与をもらっているのだから。というのも彼らの感覚です。アメリカの企業で働いている知人からは、業種にもよりますが自由なようで意外とトップダウンである、という話を聞きます。そんな彼らには日本式の稟議とか情報共有と承認を幅広くおこなう仕組みとかは理解し難いのかもしれません。

 

アメリカ出身者に限らず、外国人社員がいる場合、組織や役割についての考え方に外国人社員との相違があったとしても、話し合いなど密なコミュニケーションを取りながら、恐れずお互いの良いところを伸ばして、強くしなやかな企業成長を遂げていただきたいです。

 

**************************************

ライタープロフィール

partot:海外在住歴7年日本ーアジア間の経済活動支援に携わる。現在、日中間のビジネスサポートを行う株式会社ABS(アジアビジネスサポート)に所属。


株式会社ジープラスメディアでは、外国人履歴書登録者数47万人、8,000社以上の日本企業に外国人採用のサポート実績を誇ります。外国人・マルチリンガルな人材をお探しの場合は求人サービスへ

サービスに関するお問い合わせ

---
株式会社ジープラスメディアでは、イベント情報やトレンドニュースなどメールにて随時配信中
採用・雇用

外国人が働きたい人気ランキング上位の企業とは?

米求人サイト「グラスドア」が発表した働きたい会社ランキング(Best Places to Work)について報告したフォーブスジャパンの記事から現代の社会人が就職したい会社というのはどのような特徴があるのか紹介します。 …
2018年7月20日

採用・雇用

外国人社員と信頼関係を築くための8つのポイント

外国人社員と仕事をしていく上で、皆さんは上手に信頼関係を築いていらっしゃいますか? 文化背景や言葉の違う人々と共に仕事をすれば、時には理解出来ないこと、意見の食い違いなど起こってしまいますよね。それは、人と接して生きてい…
2018年7月06日

掲載メディア

産経新聞(神奈川版)-2018年6月30日

「日経産業新聞」20面に、6月29日にジープラスメディアがラグビーワールドカップ(RWC)2019に向けて、ラグビーファンの心を掴むためのインバウンドセミナーを横浜観光コンベンション・ビューローと共催した内容について紹介…
2018年7月03日

インバウンド

市町村から発信するインバウンド集客

着地型観光のメリット・デメリット 今回は、「着地型観光」のメリット・デメリットをそれぞれ2つ取り上げ、その効果と課題を考えてみたいと思います。デメリットについては対策も考察していますので、市町村単位で、独自にインバウンド…
2018年6月30日

イベント・セミナー

【無料】飲食店様向けRWC™(ラグビーワールドカップ™)ワークショップ

外国人ラグビーファンを迎えるために知っておきたいこと   ラグビーワールドカップ™は、オリンピック、サッカーワールドカップと並ぶ世界3大イベントの1つで、2019年日本大会では、横浜で決勝戦、準決勝戦、プール戦…
2018年6月27日

掲載メディア

日経産業新聞-2018年6月22日

「日経産業新聞」10面に、ガイジンポット(GaijinPot)が採用活動をスマート化、支援ビジネス活況というテーマ内に外国人求人サイトとして紹介されました。 --- 株式会社ジープラスメディアでは、イベント情報やトレンド…
2018年6月22日