ニュースレター登録
お問い合わせ
インバウンド

インバウンド対策! ラグビーワールドカップ2019™開催都市の事例

今回はラグビーワールドカップ2019™の開催都市がどのようなインバウンド対策を行っているかを紹介し、今後の外国人観光客の誘致には何が必要かを考えてみたいと思います。MICEなどでインバウンド集客を図るときの参考にしてはいかがでしょうか。

 

1.  WebサイトでのPR

ラグビーワールドカップ2019™が開催されるのは、札幌市、釜石市、熊谷市、調布市、横浜市、袋井市、豊田市、東大阪市、神戸市、福岡市、熊本市、大分市の全12都市です。これらの自治体では、すべて専用サイトもしくは市役所の公式HP内で多言語による同大会の紹介や関連情報が掲載されています。

インバウンド対策を実施する場合にWebサイトの存在は欠かせません。ラグビーワールドカップ2019™の公式サイトには開催都市の紹介ページがあり、前述の各サイトやHPへのリンクが張られています(※1)。GoogleやYahooで検索すると大会の公式サイトが最初に表示されることを考慮するとこういった対策はとても重要です。イベントの主催団体には積極的に働きかけて自治体や自社をPRしましょう。

 

2. ラッピングバスやラッピングトレインの運行

地元の方が日常的に利用するバスや電車に広告をプリントしたフィルムを貼るのは、イベントを広く周知するためにとても有効です。ラグビーワールドカップ2019™の開催地では府中市、横浜市などがラッピングバスを(※2)、熊谷市などがラッピングトレインを運行しています(※3)。

ラッピング車両をインバウンド対策という側面からとらえると、地元に集まる外国人を歓迎していることをアピールする効果が期待できます。日本観光で人々のホスピタリティが賞賛される機会が少なからずあり、それが来訪の動機になる場合があることからも、SNSなどを通じて歓待の気持ちを伝える施策は外国人観光客の誘致の大いにプラスになるでしょう。

 

3.  地域説明会の実施

ラグビーワールドカップ2019™のような大規模なイベントでは、ほとんどの場合で事前に会場付近に住む皆さんに対して地域説明会が行われます。受け入れ環境の醸成・構築といったことからインバウンド対策を考えた場合、こういった地元の人たちの理解も重要です。

このとき、単に開催概要や一時的な混雑といった留意点などを説明するだけでなく、どういった国からどのような人々が集まるかを周知すると、より立体的にイベントを盛り上げる機運が生まれるのではないでしょうか。また前述の通り、こういった取り組みの様子を海外に向けて発信することでインバウンド集客の可能性を高めることができます。

 

まとめ

ラグビーワールドカップ2019™は、サッカーのワールドカップやオリンピックに匹敵する大規模な国際大会です。まったくノウハウがないところからすぐにこういった世界的なイベントを誘致するのは難しいですが、小さくても何かを始めることがインバウンド集客の第一歩となります。ぜひ地域活性化や新しいビジネスチャンスを外国人観光客を呼び込むことで達成してください。

 

※1参照:ラグビーワールドカップ2019日本大会 開催都市
https://www.rugbyworldcup.com/cities

※2参照:東京都府中市ホームページ
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/bunka/olypararugby/rugby/rugbycitybus.html

※2参照:横浜ラグビー情報
https://rugby.city.yokohama.lg.jp/0817/

※3参照:熊谷市ホームページ
https://www.city.kumagaya.lg.jp/kanko/kumaspo/worldcup2019/RWCrtrain.html

 

おすすめ関連記事:
ラグビーワールドカップ2019™ インバウンド(訪日外国人)の経済効果を取り込もう!
ラグビーワールドカップ2019™ 目前!外国人が大心配!?訪日サポーターを迎えるためにホスト国ニッポンの挑戦

 

**************************************

ライタープロフィール

萩野康史:難しい話題でも平易な文章で分かりやすく紹介すことを心がけています。ビジネス関連の記事と並行してアートや旅についても執筆中。ライターとして生計を立てることは子供のころからの夢でした。

 


 外国人集客・プロモーションにご興味のある方へ、
 あなたのニーズを徹底した“外国人視点”で取り込むインバウンド支援サービスを提供しています。

サービスに関するお問い合わせ

 

イベント情報やトレンドニュースなどメールにて随時配信中
掲載メディア

TBSテレビ放送「ふるさとの夢」-2019年9月4日

2019年9月4日(水曜日)深夜放送「ふるさとの夢」内で、ガイジンポット(GaijinPot)掲載「Top 10 Japan Travel Destinations For 2019」よりコンテンツ提供いたしました。 &…
2019年9月05日

プレスリリース

国内最大級の英字ウェブメディア「ガイジンポット」主催 | 英語ネイティブに特化した転・就職フェア 『ガイジンポットジョブフェア2019』開催決定!

年に1度の求職フェア、今年は規模を拡大。生活をサポートするための在住外国人向け『ウェルカムトゥジャパンフォーラム』も同時開催   2019年11月16日(土曜日)、新宿のCirqイベントホールにて、500人以上…
2019年9月03日

不動産

外国人に人気の東京の住みたい街は?2019年調査 : 北アメリカ人編

リアルエステートジャパンが運営する日本最大級の外国人向けマルチリンガル不動産ポータルサイト「realestate.co.jp」を通じて、随時ブログにて不動産に関する情報を配信しております。   今回は、「日本に…
2019年8月29日

インバウンド

観光庁の施策から考える2|MICEや民泊を活用したインバウンド集客

観光庁の施策(※1)を参考にインバウンド集客を考えるシリーズ、第2回目は「我が国の多様な魅力に関する情報の入手の容易化と観光産業の基幹産業化」のカテゴリから、あまり観光資源に恵まれていない地方で有効と考えられる、積極的な…
2019年8月26日

採用・雇用

外国人を採用している企業に聞いた「外国人を雇用する際に求められるもの」

「外国人従業員に関するマネジメント調査(以下よりダウンロード可)」から外国人のスムーズな採用のポイントを探る当企画も今回で3回め。ここで前回までの上司・部下という関係からさらに範囲を広げて、外国人を採用したときに企業に求…
2019年8月22日

インバウンド

ラグビーワールドカップ2019™ 目前!外国人が大心配!?訪日サポーターを迎えるためにホスト国ニッポンの挑戦

日本初のラグビーワールドカップ開催まで1ヶ月を切りました。チケットの販売状況も好調で、ラグビー経験者を中心に徐々に盛り上がってきている日本国内ですが、その様子を見た外国人たちはやや心配そうです。なぜでしょうか。 今回は、…
2019年8月21日