ニュースレター登録
お問い合わせ
インバウンド

外国人から日本人へ聞きたい10の質問「?」

「日本に興味があって」、「日本へ旅行に来て」、「日本で生活して」…外国人がふと疑問に思った日本のことについてまとめてご紹介します。

素朴なものから日本人でも回答するのが難しいものまで、外国人の着眼点が興味深いと思う質問を取り上げてみました。

 

①「正座がつらい日本人っているの?」

日本には正座の習慣があり、他の国にはほとんど見られないようなので、日本独特の座り方が脈々と受け継がれているわけです。しかしながら、ほとんどの人は長時間の正座は辛いはずです。外国人観光客向けの日本文化イベントなどでは正座を省いて行うこともありますが、日本でしかできない文化体験に積極的に参加する外国人も多いですよね。

 

②「どうしてハワイは日本人カップルに人気なの?」

ハワイはカップルだけでなく、あらゆる世代の日本人に受け入れられていると思います。移民も多いうえ、逆に敬遠する理由は見つかりません。ただ、カップルに人気となると解放的な温和な気候とウェディング産業の発展によるところのイメージ戦略勝ちが影響しているのでしょうか。訪日外国人からすると、「日本には沖縄があるじゃない?」という言葉がありそうです。

 

③「日本人はどうしてそんなに優しいの?」

外国人から度々日本人の優しさにまつわるエピソードを耳にします。これは仕事上での日本人のみならず、お店や街中で出会う日本人のことだと思います。外国人だから優しくするというつもりではなく、日本人は相手の気持ちを考える人が多いからでしょう。

 

④「どうして外国の言葉で話していても日本人は日本人同士を「~さん」付けして呼ぶの?」

確かに例えば英語で話していても「~さん」と言う(または言われる)ことありますよね。呼び捨てしない習慣のためでしょう。ビジネスシーンでは英語でのやりとりでも、例えば「山田さん」なら「Yamada-san」までをひと括りで名前として覚えてもらうのが一般的かもしれません。

 

⑤「どうして法被(ハッピ)が日本の文化で使われるの?」

元来、職人さんや火消し人が着ていたものだそうですが、現在はお祭りの時に用いられています。展示会やイベントなどで法被がよく用いられるのは、にぎやかな雰囲気で盛り上げるためでしょうか。はたまた、成功するように法被(ハッピ)とHappy(ハッピー)をかけているためでしょうか。

 

⑥「日本人は「押忍」と挨拶しますか?」

通常、しません!ですが、武道でだけ使われているこの言葉、語源は「おはようございます」からだとご存知でしたか?旧海軍で「おはようございます」が最初の「お」と最後の「す」に簡略化され、さらに「押して忍ぶ」と当て字され「押忍」となったそうです。「ありがとうございます」が若い人のあいだで「あざーす(あざす)」と省略されて使われているのと似ていますね。そのうち「あざす」も当て字され立派な1つの言葉となるかもしれません。

 

⑦「ワサビはどうやって育てるの?」

清流と日本の風土と条件が揃わないと難しいと思っていました。ところが、日本国内では生産が減少しているのに海外からの需要が拡大し、現在はイギリス、カナダ、オーストラリアでも栽培されているとのこと。さらに、薬味として食されているだけでなく、チーズや果物のシロップ漬け、ビールやデザートにまで使われているといいます。日本ではどうしてもワサビディップやワサビソースなどアクセントに用いられる域に留まりがちなのですが、日本にもあります、ワサビカレーやワサビソフトクリーム。ワサビ好きの外国人にぜひ教えてあげてください。

 

⑧「昆布のスペリングはKonbuとKombu、どちらが正しいですか?」

どちらも正しい気がしますが、パスポートなどに使われているヘボン式ローマ字表記だとKombuが正解だそうです。KonnichiwaとKonnichihaも外国人は戸惑うそうですが、表記はKonnichiha、読みはKonnichiwaとなります。

 

⑨「東京の主要産業はなに?」

JETROによると公共交通、小売・卸業、金融、サービス、出版、情報通信業が東京都の主要産業となっています。

 

⑩「ごみ箱がないのにどうしてきれいなの?」

ごみ箱があった頃は簡単に捨てることができました。筆者にとって大きなごみ箱は「あったらいいな」の1つなのですが、今はごみを自分で持ち歩くようになりました。ごみを出さない、出たごみはコンパクトにまとめるようになりました。きれいな場所にごみを捨てることはできない心理が働いてポイ捨てはできません。海外では路上にあるごみ箱は周辺が汚れていたりしますよね。ごみ箱を撤去したことで、安全上・衛生上良いことがあるのだと思います。訪日外国人には多少不便かもしれませんが、ポイ捨てした外国人は見たことがありません。観光客の人々もきれいな日本を汚さないことに協力してくれていると思います。

 

いかがでしたか?

このように外国人の視点で日本をみると気にかけていなかったことに気づき、新たに日本の良さを知ることができますね。

 

参考資料
https://www.quora.com/topic/Culture-of-Japan
https://www.watabe-wedding.co.jp/corporate/company/history/
http://gogen-allguide.com/ha/happi.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%BC%E5%BF%8D

 

**************************************

ライタープロフィール

partot:海外在住歴7年日本ーアジア間の経済活動支援に携わる。現在、日中間のビジネスサポートを行う株式会社ABS(アジアビジネスサポート)に所属。

 


外国人集客・プロモーションにご興味のある方へ、
あなたのニーズを徹底した“外国人視点”で取り込むインバウンド支援サービスを提供しています。

サービスに関するお問い合わせ


イベント情報やトレンドニュースなどメールにて随時配信中

掲載メディア

日本海新聞-2018年12月13日

鳥取県を中心に読まれている地方紙「日本海新聞」24面に、ガイジンポット(GaijinPot)掲載記事「Top 10 Japan Travel Destinations For 2019(2019年外国人が訪れるべき観光地…
2018年12月13日

プレスリリース

2019年外国人が訪れるべき日本の観光地ランキング「Top 10 Japan Travel Destinations For 2019」発表!鳥取県が1位に、冒険の地とアニメに世界が注目

国内最大級の外国人向け情報サイト「ガイジンポット(GaijinPot)」を運営する株式会社ジープラスメディア(東京都港区、代表取締役社長:時澤正、以下ジープラス社)は、2019年に外国人が訪れるべき日本の観光地ランキング…
2018年12月13日

掲載メディア

山陰中央テレビジョン放送「プライムニュースさんいん」-2018年12月5日

2018年12月5日(水曜日)放送「プライムニュースさんいん」で、ジープラスメディアが音声出演いたします。 「プライムニュースさんいん」は鳥取県全域で放送されているローカルワイドニュース番組で、地元に密着した情報を届けて…
2018年12月05日

インバウンド

ラグビーワールドカップ2019™ 訪日外国人の経済効果を取り込もう!

2018年7月、ジープラスメディアでは「飲食店様向けRWC™(ラグビーワールドカップ™)ワークショップ」を実施しました。今回はワークショップの講義内容をもとに、同大会で期待される訪日外国人(インバウンド)による経済効果と…
2018年11月19日

不動産

ビザ資格から読み解く、外国人が日本に住む目的とは?

リアルエステートジャパンが運営する日本最大級の外国人向けマルチリンガル不動産ポータルサイト「realestate.co.jp」を通じて、随時ブログにて不動産に関する情報を配信しております。   本日は「お役立ち…
2018年11月12日

採用・雇用

外国人の採用にメリットがあるかを判断する簡単な方法3選

Web、紙媒体を問わず外国人を対象にした求人を数多く見かけるようになりました。トレンドとも言えるほど活況を呈している外国人採用ですが、ただ時流に乗るだけでは十分にそのメリットを生かしきれません。これから紹介する3つを基準…
2018年11月09日