ニュースレター登録
お問い合わせ
インバウンド

インバウンド(外国人旅行者)への猛暑・熱中症対策

 

2018年7月の平均気温を平年と比較すると東日本で2.8℃、西日本では1.6℃高く、それぞれ統計を取り始めてから1位と2位タイを記録しました(※1)。夏はインバウンド(外国人旅行者)が最も多く来日するシーズンですから、猛暑や熱中症の対策をしっかり行って快適に滞在してもらえるよう心配りしたいですね。

 

1.Webサイトや店頭での注意喚起

今回紹介しているインバウンドへの猛暑・熱中症対策で最も簡単に実施できるのは、自治体・観光スポット・店舗・ホテルなどそれぞれのWebサイトやSNSで、猛暑や熱中症に対して注意喚起することです。具体的な熱中症の症状や対策については、専用のWebページを設けてそこに誘導すると効率的です。

インバウンドへのユーザビリティを考慮するなら、こういった情報の各国語版を作成することが求められます(※2 英語版の一例として)。店頭・店内でのリーフレット配布なども考えられますが、費用対効果の面から、専用に作成するか機会がある時に情報を加えるかを判断したほうが良いでしょう。

 

2.適切なタイミングでインフォメーション

インバウンドにとって気温の情報が必要になるタイミングは、来日する前、来日後に予定を決めるとき、当日の朝などです。そのため観光スポットや自治体のWebサイトでは、夏場に来日するときの注意をいつでも関連ページに明示しておく必要があります。

天気予報で扱っているような1週間や当日の気温の変化は、Webサイトの他に、インバウンドの目につく場所に掲示する仕組みを作ると情報の見落としを少なくできます。気温は摂氏だけでなくアメリカで一般的に使われている華氏(°F)でも記載してください。暑さ指数(※3)などを基準に、自治体で整備されている防災無線を使って熱中症への注意を呼びかけるのも良いアイディアです。

 

3.涼しい時間帯を有効活用

たとえば観光スポットへの早朝ツアーなど、気温が上る前の比較的涼しい時間を有効活用することも猛暑や熱中症の対策として有効な方法です。朝早い時間帯は人混みを避けられるというメリットもあるので、目的地のオープンと上手く組み合わせることで需要を喚起できるのではないでしょうか。

お祭りや○○フェスティバルといった、従来は日中から開催されているイベントを気温が下がる夕方から夜にかけて行うのも効果的です。インバウンドの中には暑さと同時に高い湿度や日焼けを嫌う人も多いので、日差しが強く蒸し暑い時間帯を避けることで、より楽しんでもらいやすくなります。

 

まとめ

この夏、東京都は「東京2020大会に向けた東京都「暑さ対策」推進会議」を発足させました。この例から見ても、多くの人が観光やレジャーに出かける夏場の猛暑・熱中症対策が近々の課題であることが分かります。インバウンドに十分な体調管理を促すことで、日本の滞在を素晴らしい体験にしてもらいたいですね。

 

※1 気象庁 平成30年報道発表資料 7月の天候(資料全文/別紙)
http://www.jma.go.jp/jma/press/1808/01a/tenko1807.html
※2 環境省 Heat Illness Prevention Information
http://www.wbgt.env.go.jp/en/heatillness_pr.php
※3 環境省熱中症予防情報サイト 暑さ指数とは?
http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php

 

**************************************

ライタープロフィール

萩野康史:難しい話題でも平易な文章で分かりやすく紹介すことを心がけています。ビジネス関連の記事と並行してアートや旅についても執筆中。ライターとして生計を立てることは子供のころからの夢でした。

 


外国人集客・プロモーションにご興味のある方へ、
あなたのニーズを徹底した“外国人視点”で取り込むインバウンド支援サービスを提供しています。

サービスに関するお問い合わせ


イベント情報やトレンドニュースなどメールにて随時配信中
掲載メディア

日本海新聞-2018年12月13日

鳥取県を中心に読まれている地方紙「日本海新聞」24面に、ガイジンポット(GaijinPot)掲載記事「Top 10 Japan Travel Destinations For 2019(2019年外国人が訪れるべき観光地…
2018年12月13日

プレスリリース

2019年外国人が訪れるべき日本の観光地ランキング「Top 10 Japan Travel Destinations For 2019」発表!鳥取県が1位に、冒険の地とアニメに世界が注目

国内最大級の外国人向け情報サイト「ガイジンポット(GaijinPot)」を運営する株式会社ジープラスメディア(東京都港区、代表取締役社長:時澤正、以下ジープラス社)は、2019年に外国人が訪れるべき日本の観光地ランキング…
2018年12月13日

掲載メディア

山陰中央テレビジョン放送「プライムニュースさんいん」-2018年12月5日

2018年12月5日(水曜日)放送「プライムニュースさんいん」で、ジープラスメディアが音声出演いたします。 「プライムニュースさんいん」は鳥取県全域で放送されているローカルワイドニュース番組で、地元に密着した情報を届けて…
2018年12月05日

インバウンド

外国人から日本人へ聞きたい10の質問「?」

「日本に興味があって」、「日本へ旅行に来て」、「日本で生活して」…外国人がふと疑問に思った日本のことについてまとめてご紹介します。 素朴なものから日本人でも回答するのが難しいものまで、外国人の着眼点が興味深いと思う質問を…
2018年11月26日

インバウンド

ラグビーワールドカップ2019™ 訪日外国人の経済効果を取り込もう!

2018年7月、ジープラスメディアでは「飲食店様向けRWC™(ラグビーワールドカップ™)ワークショップ」を実施しました。今回はワークショップの講義内容をもとに、同大会で期待される訪日外国人(インバウンド)による経済効果と…
2018年11月19日

不動産

ビザ資格から読み解く、外国人が日本に住む目的とは?

リアルエステートジャパンが運営する日本最大級の外国人向けマルチリンガル不動産ポータルサイト「realestate.co.jp」を通じて、随時ブログにて不動産に関する情報を配信しております。   本日は「お役立ち…
2018年11月12日