ニュースレター登録
お問い合わせ
インバウンド

インバウンド対策としての着地型観光 PDCAサイクルと具体例

前回の「市町村から発信するインバウンド集客 着地型観光のメリット・デメリット」に引き続き、今回はそのアプローチとしてPDCAサイクルを取り上げます。合わせてインバウンド向け着地型観光の具体例も紹介しますので、これからインバウンド集客を図りたい自治体や企業の方のヒントにしてもらえるのではないでしょうか。

 

PDCAサイクルとは?

PDCAサイクルとは、業務や製品についての質的な向上・改善を継続して行うことを目的としたマネジメント手法です。Plan、Do、Check、Actionという4つの段階を繰り返しながら実施するため、それぞれの頭文字をとってPDCAサイクルと呼ばれます。インバウンドを対象とした着地型観光のPDCAサイクルには次のようなポイントがあります。

 

インバウンドの着地型観光:P(Plan/計画)

インバウンドのための着地型観光を企画・運営するにあたって最初に行いたいのは、地域の観光資源を洗い出すことです。歴史的建築物や伝統行事、景勝地、ご当地グルメなどはすぐさま候補に挙がるでしょう。新たに創出する場合は、国内(必要なら海外も)で開催されている着地型観光イベントを網羅的に調べて、地域の特性に合ったものをチョイスする方法が考えられます。同時に、国や地域、年齢層といったターゲットの選定や目標の明確化、予算の算出なども必要です。

 

インバウンドの着地型観光:D(Do/実行)

着地型観光そのものを行うための準備としては、「事業を主体的に進めるための人材・組織の育成」「インバウンドが快適に過ごせるための環境整備」「SNSなどを使ったプロモーション」などがあります。同様の観光事業をすでに実施している自治体や企業から事前にヒアリングしておくと、より入念な準備が可能になります。

 

インバウンドの着地型観光:C(Check/評価)

PDCAサイクルを着実に循環させるためには、開催した着地型観光事業について詳細に評価することが重要です。そのため、最初は期間や規模を限定したイベントを実施し、全体の良し悪しを確認する時間を十分に取るようにすると良いでしょう。

 

インバウンドの着地型観光:A(Action/改善)

評価が定まれば改善点も自ずと見えてきます。ここで始めのP(Plan)へ立ち返り、次回に向けて計画を再考するのがPDCAサイクルの特徴です。その都度何をやれば良いか分かりやすく、具体的な事案に注力しやすいのがこの方式のメリットと言えます。

 

インバウンドの着地型観光の具体例:群馬県みなかみ町

インバウンドを対象とした着地型観光の具体例として群馬県みなかみ町をご紹介します。都心から上越新幹線で70分ほど。県内北端に位置する人口約18,000人の同町は、従来から温泉やスキーで有名でした。

みなかみ町のインバウンド集客への取り組みは2008年(平成20年)と比較的早くからスタートしています。2012年には観光課内に国際観光グループを設置し、スキー場へのインバウンド集客を開始。同時に、要望の多いWi-Fiの整備や路線バスのフリーパスを発行し移動を簡便にするなど、インバウンドが快適に滞在できる環境を整える施策も実施しています。

現在みなかみ町は都心からほど近いところにあるアウトドアのメッカとしてインバウンドの間で有名になっています。2017年にリブランディングされた「みなかみアウトドアフェスティバル」では、各国のアスリートを招待して競技会などを開催。同フェスティバルが2018年も開催されるほど好評なのを考えると、スキーだけでなく、ラフティングやキャニオニングなど年間を通して楽しめるアクティビティを充実させることで、着地型観光を成功させた好例と言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は、インバウンドの着地型観光を企画・運営するための方法としてPDCAサイクルを取り上げました。ぜひ簡単で効果的な方法を用いて、効率よくインバウンド集客を図ってください。

 

[参照元]
みなかみ町 インバウンド取り組み – みなかみ町観光協会
www.enjoy-minakami.jp/business/pdf/inbound.pdf
みなかみアウトドアフェスティバル 2018年6月8日(金)~10日(日)
https://mofest.jp/

 

**************************************

ライタープロフィール

萩野康史:難しい話題でも平易な文章で分かりやすく紹介すことを心がけています。ビジネス関連の記事と並行してアートや旅についても執筆中。ライターとして生計を立てることは子供のころからの夢でした。

 


外国人集客・プロモーションにご興味のある方へ、
あなたのニーズを徹底した“外国人視点”で取り込むインバウンド支援サービスを提供しています。

サービスに関するお問い合わせ


イベント情報やトレンドニュースなどメールにて随時配信中
インバウンド

春や秋のインバウンド集客

2018年のインバウンドの総数は約3,200万人(※1)。各月とも200万人を超える外国人観光客が訪れていて、台風や地震の影響があった9月を除きすべて前年比でプラスの伸率を示しています。従来は少なかった春・秋にも集客が期…
2019年4月17日

採用・雇用

新しく創設される在留資格「特定技能」について解説

2019年4月1日から新たに運用が始まる在留資格「特定技能」をご存知でしょうか。対象となるのが14業種と多岐にわたり将来的には永住権取得の可能性もあることから、外国人を雇用したい企業にとってたいへん利用価値の高い在留資格…
2019年4月09日

インバウンド

インバウンドを集客するためのWebサイト制作のポイント

今回はインバウンド集客(訪日外国人集客)を目的としたWebサイトを制作するときに押さえておきたい3つのポイントをまとめました。ヨーロッパや北米といった先進国でのインターネット普及率は概ね90%程度(※1)。今後新興国も加…
2019年4月01日

ニュースレター

➕🌏 GPlusMedia通信 2019.03.27

Do you know  ”+ インバウンド集客” ? ジープラスメディアでは、”+インバウンド集客(外国人プロモーション)“に関するオススメのコンテンツやイベント情報などを定期的に配信します。 …
2019年3月27日

プレスリリース

飲みニケーションも効果あり!?外国人従業員マネジメントのコツは…「カジュアルな会話から広がる濃いコミュニケーション」

外国人従業員に関するマネジメント調査   株式会社ジープラスメディア(東京都港区、代表取締役社長 時澤正、以降ジープラス社)は、株式会社WizWe(東京都千代田区、代表取締役社長 森谷幸平)の協力のもと、外国人…
2019年3月26日

採用・雇用

外国人の就職や転職で必要となる在留資格の変更・更新について解説

今回は、外国人が日本で就職・転職する際に必要となる在留資格の変更や更新について分かりやすく解説します。外国人を雇用するときの手続きについてより理解を深めるために、前回の「外国人を雇用するときに必要な在留資格認定証明書とは…
2019年3月22日