ニュースレター登録
お問い合わせ
インバウンド

日米コミュニケーションスタイルの違いから分かる3つの傾向

国が違えばコミュニケーションのスタイルに違いがあって当然ですよね。

今回は特にアメリカのコミュニケーションスタイルにはどのような考え方が背後にあって生まれているのか、またどのような違いがあるのかをお伝えします。

「日本人は…である」「アメリカ人は…である」と一概に決めつけることはできないにしろ、「…と比べて…の傾向がある」と知っているだけでコミュニケーションをスムーズにおこなう上で役立つでしょう。

 

◆ 目下にも丁寧語で接する

アメリカ社会は平等・対等・フレンドリーを道徳的な規範としていますが、現実は大きな格差が存在しています。その格差は個人の責任として正当であると考えられ、アメリカではいたるところでファーストネームで呼び合い、カジュアルな会話をし、アメリカ人は階級のない社会を目指す一方で、経済面を伴う社会的な階層をはっきりと意識しているそうです。

目上、目下にかかわらず、ファーストネームで呼び合いながらも、相手の年齢に関係なく一定の丁寧さで話し、その表現の仕方に男女(性別)の大きな違いがありません。他方では、日本人は目上、目下で言葉を使い分けることが多いです。目上には敬語、目下には「~して」「~だよ」などのくだけた話し方をします。日本人では日常的で気にも留めない事でも、アメリカ人は不快に感じやすいので気をつけたいですね。もし、部下や目下の外国人に依頼するときは、年齢に関係なく同等の丁寧さで話すほうがよいでしょう。

 

◆ 謙遜はタブー

遠慮や謙遜で人格が上がるのが日本社会ですが、アメリカ人にとっては理解しがたい表現だそうです。なぜなら、謙遜はそのまま言葉通りの意味に受けとられ、自分を卑下する人格としてマイナスの評価になってしまうからです。

日本人は、ある調査によると、10歳前後を境に「謙遜」という表現方法を身につけていくそうです。謙遜できるという事は、大人に一歩近づくことを意味します。年齢を経るに従って遠慮がちになることは、日本人独特のコミュニケーション能力を獲得しているということを表しています。しかしながら、アメリカ人に「能ある鷹は爪を隠す」は通用しません。遠慮して自分を低めて表現することは受け入れがたいと考えるようです。

また、日本人にとって遠慮に思える「NO」も相手が「NO」と言うなら、それは言葉通りの「NO」であって、遠慮や謙遜ではないので、言葉通り受け止めてしつこく聞いたり勧めたりしないのが賢明です。

 

◆ 率直に表現する

多様な文化や民族からなるアメリカ人は伝えたい事は言葉にして伝える、ものごとの理由を説明するのが基本で「言わなければ分からなくて当然」と考えています。

会社の会議やセミナーなどで日本人ばかりだと活気に欠ける(自由に発言しない)傾向があるのでしょうか。そして、なぜ活気に欠けてしまうのでしょうか。日本人は大勢の前では特に自分の意見は押し伏せてしまいがちです。例えば、「質問がありますか?」と聞かれてもその場では聞かず、終了後に聞きに行く、または自席に戻って調べる、という人を目にしたことがあるのではないでしょうか。質問や意義の表明傾向においては、アメリカ人はその場で挙手して質問する人が多く、日本人は、その場では近場の人に聞いたり、会が終わった後で質問に駆け寄る人が多いということです。

アメリカ人の質問の仕方は「自分の認識はこうだが、間違っているのでしょうか?」という聞き方をするそうです。異論があるときも相手を批判することなく、まず自分が正しいかどうかを尋ねる配慮があると感じます。率直に表現する国民だからこそ相手を尊重しながら議論する術を知っているのだと思います。

 

日本社会も集団主義から個人主義に変わりつつあると言われていますが、調和を重んじ、自分だけの意見を主張することにまだまだ消極的な国民性だと感じます。アメリカは独立宣言で「自由と平等」」が唱えられ、移民社会が基となり他民族・多文化社会が築き上げられてきました。個人主義とは個々に都合のよい身勝手な文化ではなく、相手を尊重しつつ自己を実現していくことです。外国人のコミュニケーションスタイルからその国の文化背景が見え、国民性を理解することができます。今回述べた3つの傾向から、異文化コミュニケーションをスムーズに行うためのヒントになれば幸いです。

参照文献:『英語コミュニケーション力ー暗黙のルール22』,滝沢謙三/滝沢カレン,2009.2

**************************************

ライタープロフィール

partot:海外在住歴7年日本ーアジア間の経済活動支援に携わる。現在、日中間のビジネスサポートを行う株式会社ABS(アジアビジネスサポート)に所属。

 


外国人集客・プロモーションにご興味のある方へ、
あなたのニーズを徹底した“外国人視点”で取り込むインバウンド支援サービスを提供しています。

サービスに関するお問い合わせ

 

イベント情報やトレンドニュースなどメールにて随時配信中
外国人トレンド

外国人が注目!海外で話題になった日本のニュース #2

今、外国人は日本の何に興味を持っているのか? ジープラスメディアが保有する英字WEBメディア内で話題になった日本に関するニュースを紹介。話題の記事を読むと、日本人が気付かない外から見た「ニッポン」が見えてきます! &nb…
2019年8月15日

不動産

外国人に人気の東京の住みたい街は?2019年国籍別調査 : ヨーロッパ 人編

リアルエステートジャパンが運営する日本最大級の外国人向けマルチリンガル不動産ポータルサイト「realestate.co.jp」を通じて、随時ブログにて不動産に関する情報を配信しております。   今回は、「日本に…
2019年8月13日

イベント・セミナー

出展企業様募集 | 11月16日開催「ガイジンポットジョブフェア2019」

英語ネイティブに特化した転・就職フェア第3回開催決定! ご好評につき、本年は規模を拡大し開催することになりました。英会話、幼児教育、ALTなど、ネイティブ講師を必要とする企業様のスムーズな採用をお手伝いします。 このイベ…
2019年8月06日

ニュースレター

➕🌏 GPlusMedia通信 2019.07.23

Do you know + ”インバウンド集客” ? ジープラスメディアでは、”+インバウンド集客(外国人プロモーション)“に関するオススメのコンテンツやイベント情報などを定期的に配信します。 …
2019年7月26日

ニュースレター

➕👥GPlusMedia人事ルーム通信 2019.07.23

  Do you know + ”人事ルーム” ? ジープラスメディアでは、人事採用ご担当者さまに、外国人・バイリンガル人材の採用に関するコンテンツやセミナー・イベント案内など、お役立ち情報を定期的に配信しま…
2019年7月26日

掲載メディア

毎日新聞(三重県版)-2019年7月18日

「毎日新聞(三重県版)」19面に、ガイジンポット(GaijinPot)外国人取材陣が、東紀州へ訪れ観光スポットを取材していいる模様が紹介されました。 WEB記事はこちらから 外国人集客・プロモーションにご興味のある方へ、…
2019年7月19日