ニュースレター登録
お問い合わせ
グローバル競争を勝ち抜く人事戦略シリーズ画像
採用・雇用

グローバル競争を勝ち抜く人事戦略シリーズ<4>

外国人社員の活用

<TOPIC>

1.能力を引き出すには

2.モチベーションを高める

3.外国人社員の立場で考える

4.退職されないために

 

1.能力を引き出すには

企業という組織内には、その人の「しなければならないこと」“Must”と「できること」“Can”の業務があります。

高度外国人材の能力を引き出すためにはコミュニケ―ションを図り“Must”と“Can”の能力を把握し、目標を設定して企業の成果へ導くことが重要です。また、“Will”「やりたいこと」を理解していくことも外国人社員のモチベーションアップに効果的です。

外国人雇用において外国人社員の能力を引き出すには

2.モチベーションを高める

高度外国人材は生計資金のみを求めていることは少なく、知識や技術をもって何事かを成し遂げることを欲する傾向が強くあります。

①他人から自分が価値あると認められ賞賛されること
②自分の能力にふさわしい業務を遂行し達成すること

外国人社員の承認や尊重への欲求を満たすことが、モチベーションを高めることにつながります。

3.外国人社員の立場で考える

日本人同士であっても意思の疎通は難しく誤解が生じることはよくあります。これが生活習慣や文化などが異なる外国人であればなおのこと当然といえます。

また、在日するためには在留資格(通称「ビザ」)が必要なため、日本における報酬を伴う活動が制限されかつ期限が定められています。永住権の取得を視野に入れ、長期の海外勤務を極力控えるなどの配慮も必要です。

4.退職されないために

日本企業が高度外国人材の採用に消極的なのは「せっかく採用してもすぐに辞めてしまう」という理由があります。

これまで以上に企業内のコンプライアンス意識を高め、かつ、高度外国人材の求めているもの理解して活躍できる組織風土が構築されていれば、能力・専門性を発揮できる組織をわざわざ自ら去ることはありません。

(コンテンツ提供:株式会社ACROSEED)

 

グローバル競争を勝ち抜く人事戦略シリーズ<1>へ

グローバル競争を勝ち抜く人事戦略シリーズ<2>へ

グローバル競争を勝ち抜く人事戦略シリーズ<3>へ

———

その他外資系転職に関するお役立ち情報は、求職サイトキャリアエンジンへ

 

インバウンド

国によって意味が変わる5つのジェスチャー

日本と海外のしぐさの違い   ある日、旅番組をみていました。日本人の若手俳優さんがニュージーランドの街を訪ねています。奮発して、肉厚ステーキが評判の高級レストランで食事をします。そこで店員さんからこだわりや料理…
2018年1月18日

採用・雇用

性別による軽視をなくす!日本で働く外国人女性から学ぶ男女平等のためにすべきこと

突然ですが、日本に滞在している外国人の出身国の数は何ヶ国くらいだと思いますか?ちなみに世界の国の数(国連未加盟国含む)は日本を除くと195ヶ国あります。 法務省の2016年6月の統計によると、日本に在留している外国人の出…
2018年1月11日

インバウンド

外国人から見た!日本の強みと弱み

「あなたの強み・弱みは何ですか?」と聞かれて即答できる人は一体どのくらいいるのでしょうか。就職・転職活動中であったり、日常的に意識する習慣がある人でない限り、自分を客観視する機会は少ないですよね。そんなとき、自らを客観視…
2018年1月05日

ニュースレター

➕🌏GPlusMedia通信 Vol.5

インバウンド(訪日・在日外国人)集客にご興味のある方や、弊社英字メディアにご関心のある方にオススメのコンテンツやイベント情報を配信しています。   ➕🌏 GPlusMedia通信 Vol.5アーカイブを読む &…
2017年12月30日

ニュースレター

➕💼GPlusMedia人事ルーム通信 Vol.5

人事採用担当者さま向けに、外国人・バイリンガル人材の採用に関するオススメのコンテンツやイベント情報を配信しています。   ➕💼GPlusMedia人事ルーム通信 Vol.5アーカイブを読む   ---…
2017年12月27日

ニュースレター

➕👥GPlusMedia人事ルーム通信 Vol.4

人事採用担当者さま向けに、外国人・バイリンガル人材の採用に関するオススメのコンテンツやイベント情報を配信しています。   ➕👥GPlusMedia人事ルーム通信 Vol.4アーカイブを読む   ---…
2017年12月27日