今さら聞けない!「マイナンバーカード」は本当にお得なのか? - GPlusMedia
プレスルーム

マーケティング

今さら聞けない!「マイナンバーカード」は本当にお得なのか?

この記事では、日本のマイナンバー制度、マイナンバーカードを申請するメリット、マイナンバーカードの申請方法について説明します。

マイナンバーカードとは?

日本の外国人居住者を含む、日本のすべての市民および居住者に発行される12桁のID番号

日本に在留カードをお持ちの場合は、個人番号もありますが、マイナンバーカードは自動的に発行されません。

2016年1月より、社会保障、税、自然災害対策などの各種手続きに個人番号が必要になりました。これらの手続きでは、個人番号と身分証明書(運転免許証など)を提出する必要があります。

マイナンバーシステムは、基本的に、社会保障、税、その他の管理システムを1つのシステムに統合し、居住者ごとに1つの識別番号を付けるというより大きな取り組みの一環として実施されました。

マイナンバーカード (個人番号カード

別名:個人番号カード(kojin bango kado)

マイナンバーカードのサンプル。画像:千葉市政府

カードはICチップが埋め込まれたプラスチック製のお名前を示したカード。住所、生年月日、性別、あなたの12桁のマイナンバー(個人番号)、あなたの写真が掲載されます。

マイナンバーカードは、個人番号(こじんばんごう)の 証明や正式な身分証明書としてご利用いただけます。

上記のように、マイナンバーカードは自動的に発行されません。個人番号が発行された後、申請する必要があります。現在、マイナンバーカードの発行は必須ではありません。

2021年3月上旬の時点で、マイナンバーカードは全体の約26%しか発行されていませんが、最終的にマイナンバーカードシステムが合理化および簡素化されることになっているため、日本政府はすべての人に発行することを望んでいます。

メリット

政府のマイナンバー公式サイトで説明されているように、日本で受け入れられているIDの形式として機能することに加えて、次のような利点もあります。

  1. さまざまな管理手順のオンライン申請が可能に
  2. 印鑑登録カード、図書館カード、健康保険カード、そして幅広い公共サービスの多目的カードとして使用可能。自治体によっては、これらの特典の一部しか利用できない場合があります。健康保険証機能の展開も2021年3月をもって延期されました。
  3. 国民の利便性の向上
  4. コンビニエンスストアで各種官公庁の書類を入手し、市役所や区役所に行かなくても済むようにする

昨年、政府が日本国民全員に1回限りの10万円の特別支払いを発行したとき、マイナンバーカードを持っている人は、オンラインで支払いを申請することができました。

マイナポイント

昨年、政府はまた、マイナンバーカードを取得した人向けにポイントシステムを導入しました。ICカード、クレジットカード、QRコード決済方法をマイナンバーカードにリンクして、最大5,000円のポイントを還元できるインセンティブ制度です。マイポイントシステムの申し込み期限が2021年4月30日まで延長されました。2021年9月30日までポイントを獲得するために買い物をすることができます。

詳しくはマイナポイント公式サイトをご覧ください。

個人番号通知(個人番号通知書)

個人番号通知のサンプル。出典:地方公共団体情報システム庁

個体番号通知は、マイナンバーを知らせるために、各居住者に配信予告です。

通知には、所有者の氏名、生年月日、個人番号(マイナンバー)が記載されています。個人番号通知は、個人番号の証明または身分証明書として使用することはできません。

地元の市区町村または区に在留カードを登録してから約2〜3週間後に書留郵便でご登録住所に送付されます。詳細については、以下を参照してください。市または区役所での登録手順

個人番号通知(世帯の各メンバーに送信されます)とともに、次のメールも送信されます。

  1. マイナンバーカード申込書(ご家族ごとに1枚)
  2. 各マイナンバーカードアプリケーションの返信用封筒
  3. 個人番号カードの申請方法に関する取扱説明書

個人番号通知をお持ちの場合は、マイナンバーカードを申請できます。

個人番号通知を紛失した場合、再発行することはできません。個人番号(マイナンバー)を確認するには、個人番号カード、個人番号が記載された居住証明書のコピー、または住民登録簿に記載されている項目の証明書を取得する必要があります。

個人番号通知の詳細については、公式サイト(英語)をご覧ください。

個人番号カードの申請方法

  1. マイナンバーカードを申請するには、日本人または長期外国人居住者(観光客ではない)である必要があります。
  2. 市区町村または区役所に居住地を登録すると、書留郵便で個人番号通知が送信されます。マイナンバーカードを申請するには、これが必要になります。
  3. 申請書の提出方法は、パソコン、スマートフォン、郵送、市町村役場の4つです。
  4. マイナンバーカードの発行には約1ヶ月かかります。
  5. 申し込み手続きの詳細については、マイナンバー公式サイトをご覧ください。

マイナンバー通知カード

マイナンバー通知カードのサンプル。2020年5月25日をもって、マイナンバー通知カードは発行されなくなりましたが、既にお持ちの場合は、引き続きマイナンバーカードの申請が可能です。出典:総務省

2020年5月25日までは、外国人を含む在留カードとともに日本の各居住者に送付されていた通知カードでした。

それは12桁の個人番号が掲載されています。

この通知は、マイナンバーカード申請書およびデジタルマイナンバー証明書発行申請書と一緒に送信されました。

市町村は、2020年5月25日をもって、マイナンバー通知カードの発行を停止し、個人番号通知の発行に切り替えました(上記のセクションで説明)。

マイナンバー通知カードは発行されなくなりましたが、引き続き使用できますか?

はい、できます。通知カードのQRコードをスキャンして、オンラインで個人番号カードの申請を送信できます。通知カードにある記載面を利用して、郵便で申請することもできます。お申し込みは、公式サイトをご覧ください。

個人番号カード公式サイト

通知カードの主な目的は、基本的に個人番号を通知することでした。ただし、本人確認書類としてはご利用いただけません。たとえば、管理手続きのために個人番号を提示する必要がある場合は、同時にIDカード(運転免許証など)も提供する必要があります。

通知カードの名前と住所が基本台帳の住所と一致している限り、管理目的で個人番号通知カードを引き続き使用して、個人の12桁の番号を確認できます。


出典:

総務省

マイナンバーカード(公式サイト)