東京駅の血塗られた歴史から、超豪華な夜行バスに、海外をまたぐ性風俗の話題まで!ジャパントゥデイ8月人気記事ランキング - GPlusMedia
プレスルーム

プレスリリース

東京駅の血塗られた歴史から、超豪華な夜行バスに、海外をまたぐ性風俗の話題まで!ジャパントゥデイ8月人気記事ランキング

今回は、外国人向け英字ニュースメディア「ジャパントゥデイ」8月の人気記事ランキングBEST5をお届けします。また、10月5日開催の無料オンラインセミナーのご案内もございますので、詳細は以下記事内のリンクからご覧ください。

◇◆◇ ジャパントゥデイ 8月人気記事ランキングBEST5 ◇◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1位】U.S. a destination of choice for hard-up Japanese sex workers (困難な状況にある日本のセックスワーカーが選んだ行き先はアメリカだった)

ここ数年、日本の風俗で働いていた女性が海外に出稼ぎに行くケースが増えており、この傾向はコロナ禍で更に加速しているようです。特にアメリカが人気でその理由が、アジア諸国と違い入国に際しPCR検査の陰性証明があれば隔離期間を経ず入国できるから、というのはコロナの影響がこんなところにもあるのかと少し考えさせられるところではあります。また記事では、1週間で600万円稼いだ女性や、50代で活躍する女性、観光ビザで働いていたことが発覚し当局に連行されてしまった女性などを紹介しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2位】The blood-soaked meaning behind the mysterious marks on the floor at Tokyo Station (東京駅の床に描かれた謎のマークに込められた、血塗られた意味)

東京駅には私たち日本人の間でもあまり知られていない秘密があります。秘密というよりは、深い意味があるにもかかわらず、ほとんど誰も気づかないものだと言えるかもしれません。今から100年ほど前、東京駅で総理大臣が暗殺された事件があり、その実際の事件現場を示す印と説明板が設置されています。外国人なら必ず訪れる東京駅、そこに潜む過去の暗い歴史は、外国人の興味を惹かないわけはありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3位】Which is more popular in Japan: British English or American English? (イギリス英語とアメリカ英語、日本ではどちらが人気ですか?)

日本の教育現場ではアメリカ英語が一般的であるため、アメリカ英語を好む日本人が多いのが現状のようです。とは言えアメリカ英語とイギリス英語、どちらが優れどちらが劣っているということはありませんが、英語を母国語とする欧米人にとっては心のどこかで気にかかる関心あるテーマの1つなのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4位】Ultra-classy overnight bus gives you your own sleeping pod (自分専用寝台付き超豪華な夜行バス)

ウィラーエクスプレス社が昨年夏から提供を開始した超豪華夜行バス「リボーン」を紹介した記事です。1列に3つのシートでゆったりとした座席は、バスの中とは思えない快適な眠りを提供してくれること間違いなし。価格も新幹線に比べてずっと安く、ホテル代の節約にも繋がるため、リーズナブルに日本を旅行したいと考えている外国人にはとてもお得な情報です。コロナが落ち着いたら旅行しようと思っている外国人が多いことも伺えますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5位】Starbucks starts discounting items before closing time in Japan (スターバックス、日本で閉店前の商品割引を開始)

日本のスーパーマーケットやコンビニではすでにお馴染みですが、スターバックスも賞味期限の迫った食品の割引販売を開始するということで、このニュースは外国人からも大きな注目を集めました。

ジャパントゥデイの人気記事から明日のインバウンド施策を考える一助となれば幸いです。アフターコロナのインバウンド、外国人集客に関するご相談はジープラスメディアへ。

– 広告に関するお問い合わせ
– 媒体資料をダウンロードする

最新ニュースを見る
– 公式ツイッター