【独自調査レポート】外国人不動産購入希望者の42%が6年以上の長期在住者 - GPlusMedia
プレスルーム

プレスリリース

【独自調査レポート】外国人不動産購入希望者の42%が6年以上の長期在住者

当社が毎週行っている外国人を対象にしたウェビナー(オンラインセミナー)で、 2020年9月に開催された不動産購入セミナー(実需・投資)のデータ集計(登録者・有効回答数 計226名)の結果を公開します。

プレスリリース記事はこちら:「プレスリリース記事(PR Times)

ウェビナーでは主に国内不動産の売買に関する購入のアドバイスや、 一般的な流れなどを英語でわかりやすく配信しています。海外からは37カ国もの国々からの参加があり、 年齢も30 – 45歳の働き盛り・資産形成やライフプランで購入検討の時期を迎える属性が多いことがわかります。 また在住者のうち10年以上在住している参加者が22%近くを占めており、 6年以上の長期滞在者の割合は4割近くに上ることがわかります。 国内組は日本に根付いて在住歴が長いユーザーが多いという結果となりました。

購入エリアでは、 東京都内23区が最も希望者が多い傾向ですが、 その他(国内主要都市以外)を選択している方も多く、 次回アンケート時はエリアをさらに細分化し詳細を得られるよう調査をする見込みです。

前回発表した2020年8月のウェビナー結果と比較すると、 9月はプラス80名も多くの参加が見られました。 その他顕著な変化としては、 在住歴が10年以上を超える在住者の割合が7%近く増加し、 また45-49歳の年齢層参加者が約5%近く増加が見られました。 日本国内に長期在住している外国人からも、 不動産購入意欲が高い層が一定層いることがわかります。

年齢別

年齢別

著者:リアルエステートジャパン編集部

日本最大級の外国人不動産サイト「リアルエステートジャパン」に集まるデータに基づいた外国人入居者や投資家の賃貸、売買動向の調査レポート。不動産インバウンド集客に関する情報など、国内不動産の外国人市場のトレンド情報をいち早くみなさまにお届けしております。 現在、リアルエステートジャパンでは、日本の不動産市場の更なる国際化に貢献するため様々な取り組みを行っております。

【法人向け無料オンラインセミナー】

コロナ禍で急速に不動産業界全体のDX化(デジタルトランスフォーメーション)が進んでおり、 ウェビナー等を利用したマーケティング集客ニーズが高まっています。 新たなマーケティング戦略を利用して幅広い外国人のお客様にリーチしたいとお考えの方は、 ぜひ弊社主催の「不動産業者向け無料ウェビナー」にご参加ください。 外国人向け不動産ウェビナーの企画から開催方法、 その他集客ツールに関してご紹介致します。 不動産業者向けウェビナーは全て日本語です。

最新のセミナー開催情報はこちらから。