すべては外国人求職者のために!明確なガイドラインの開示を企業に求める - GPlusMedia
プレスルーム

外国人求人・採用

すべては外国人求職者のために!明確なガイドラインの開示を企業に求める

日経新聞によると、日本政府は、留学生が卒業後の日本企業での就職を容易にすることを目的とした多くの政策を展開する予定です。企業に雇用した外国人の数と従業員の訓練方針を開示することを要求する意向です。

日本の大学や大学院を卒業した約24,000人の留学生のうち、日本企業に就職しているのは約40%に過ぎません。政府の新しい規則の目標は、留学生を支援し、日本企業の成長につながること、そしてより具体的には日本企業に雇われる外国人学生の割合を40から50パーセントに上げることです。

すべては外国人求職者のために!明確な採用のガイドラインを

政府の新たな措置への背景には、多くの日本企業が採用方針と留学生を含む外国人求職者が要求する日本語のレベルに関する明確な情報を提供していないという前提に基づいています。

情報の欠如は、外国人学生が雇用後の受け入れやトレーニングを十分に受けられず、企業への順応をうまく支援できていない状況につながると考えられます。これらの外国人従業員は、多くの場合、採用後すぐに会社を離職しています。

情報の開示によってミスマッチ防ぐ!採用後のケアまで

日本政府は、日本経済団体連合会と経済同友会らの会員企業は採用方針や外国求職者の雇用に関する重要な情報を開示することを要求します。政府は、日本企業に、採用方針、採用実績、外国人求職者に対する日本語の要件などを、採用サイトに明確に示すよう要求する意向です。

一部の大手企業は、外国人従業員が日本企業での生活に適応するのを支援するための制度をすでに導入しています。たとえば、ポンプとタービンの大手メーカーである井原製作所は、外国人リクルートに高度な日本語能力を必要とせず、日本語クラスを新入社員に提供し、銀行口座の開設とスマートフォンの取得を支援しています。

政府は、企業が外国人従業員に対する採用後のサポートをホームページでより広く公表することを望んでいます。

大手国内求人サイトもサポート

経済産業省は、日本の大手求人サイトであるリクナビと協力して、外国人求職者、特に最近の日本の大学卒業生の採用に関する情報を積極的に公開している企業を紹介します。注目企業は、過去数年間に雇用した外国人の数、国籍別の内訳、雇用時に必要な日本語のレベル、および雇用後のレベルに関するデータを開示します。

政府は、外国の求職者に関する情報をより広く公表するために、他の求人サイトと協力することも検討しています。

具体的な対策

政府はまた、雇用プロセス中および外国人従業員の雇用後サポートの両方において、企業向けに具体的な措置を提供する予定です。

企業は、雇用した外国人従業員の数、雇用に必要な特定のスキル、採用後の語学学習サポート、外国人従業員に開かれたキャリアパスを公表する必要があります。

外国人卒業生の雇用に関する政策

  1. 採用および実際の採用結果に関する規約を開示します。
    1. たとえば、申請に必要な実際の職務要件とスキルは何ですか?
    2. 性別、国籍、過去数年間に雇用された外国人の数による内訳の明示。
  2. 必要な日本語のレベルを明確にする
    1. たとえば、応募者は高いレベルの日本語が必要ですか?
  3. 雇用後のサポートに関する規約を明確にする
    1. たとえば、語学学習と日本での生活のサポート。
  4. 昇給と昇進の要件を指定する
    1. 可能なキャリアモデルを提供します。

日本政府は、情報の透明性が留学生や日本の外国人による就職活動の環境を改善するための鍵であることを明らかに示唆しています。また、日本貿易振興機構(ジェトロ)は、外国人従業員の採用と研修を支援するために、全国200の中小企業にコンサルタントを派遣する予定です。


出典:日経、2020年3月2日